LOVE SALAD -レタスの森通信-

                  世にも美しい水耕栽培の世界へようこそ
LOVE SALAD -レタスの森通信- TOP  >  スポンサー広告 >  水耕栽培の基本 >  植替えを詳しく説明します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植替えを詳しく説明します

さて先日「種まきの説明」をしたのですが
今回はその次の段階、植替えについて説明しようと思います

今日は水菜の植替えをします
基本は「いつでもレタスさん」と同じです
私はお茶パックに苗とバーミキュライトを入れて栽培しています

1262.jpg
準備するものは苗、お茶パック、バーミキュライトとハイポニカです
苗はスポンジに種まきして、本葉が2枚程度出たら植替えしています

1263.jpg
スポンジの下から根がたくさん出ています
このぐらいになればもう植え替えOKです

1264.jpg
お茶パックです
私は小さくてなるべく紙が薄いお茶パックを使うようにしています
お茶パックの内外をひっくり返します

1265.jpg
ひっくり返して広く口を広げます

1266.jpg
お茶パックの中に苗を入れます
根っこがお茶パックの下にちゃんと入っているか確認してください
根っこが長いと上に飛び出している場合があります

1267.jpg
スポンジが全部隠れるまでバーミキュライトを入れます
今回はバーミキュライトに少し炭を混ぜたので黒っぽい感じになっています

1268.jpg
これで終了です
私はこの後連結ポットにお茶パックごと苗をいれて栽培したり
たんすの仕切り用ケースに入れたりして栽培したりしています

11304.jpg
ケースも連結ポットも底の部分に大きな穴があいています
根っこはお茶パックを突き破ってものすごく長く伸びますので大きく穴をあける必要があります

1269.jpg
これは先日撤収したサンチュです
植替えして2ヶ月も栽培するとこのぐらい根っこだらけのモジャモジャになりますので
底の部分は根っこが出るために大きな穴が必要です
ケースの部分はお菓子のケースを使ったりペットボトルを使ったりいろいろ工夫できますが
とにかく大きな穴だけは忘れずに開けるようにしてください
あとはハイポニカを切らさないように入れればOKです

植木鉢
ハイポニカを入れる量ですが
私はトレーの底から1cmぐらい上までハイポニカを入れるようにしています
夏はすぐ消費してしまうので、底から2cmぐらい朝晩入れるか自動給水するようにしています
あまりハイポニカを入れすぎると根が腐ってしまうので
多すぎず少なすぎず、季節に合わせた量を補給するよう心がけています

以上で植替えの説明はおしまいです
うまく説明できたかな?少しでも参考になったらうれしいですハート

ずーみんさん、こんばんは!第二段説明会ありがとうございます。とっても参考になります!サンタクロースのヒゲばりに伸びるんですねえ。。。穴開けもとても重要なんですね。私、お茶パック裏返しにしてませんでした・・・次から気をつけます~
うちも11月末に種まきしたものが芽が出てます。可愛いですねえ。。もう少し根っこがでたら植え替えします♪
[ 2008/12/06 23:13 ] [ 編集 ]
あきほんさんこんにちは
根っこはすごくモジャモジャになりますよ~!
初めて栽培したとき、「最後はこんなふうになるんだ」ってすごくびっくりしたんです。
最初の小さい双葉からは想像できないですよね(笑)
あきほんさんの野菜もうまくそだつといいですねe-53
それではご訪問ありがとうございました

[ 2008/12/07 12:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。