LOVE SALAD -レタスの森通信-

                  世にも美しい水耕栽培の世界へようこそ
LOVE SALAD -レタスの森通信- TOP  >  水耕栽培の基本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種まきを詳しく説明します


最近はご質問いただくこともあるのですが
どうも質問の内容が「種まき」の段階が多いようなので
今回は詳しくご説明させていただこうと思います

基本的には「いつでもレタス」さんの方法といっしょです
スポンジに種まきをして、その後スポンジごと植替えします

では「種まき」の説明です
種まきにはスポンジを使用します
一番カンタンなのはハイポニカを注文するときにいっしょにスポンジ培地を注文してしまうことです。なぜかというと

11261.jpg

最初からカットされていますし、穴もあいています
このスポンジを使うときは1つずつ使う分だけ切り離して使います
引っ張るだけですぐ1つずつに分かれます

11262.jpg

スポンジにはこのとおり最初から穴があいています
だから楽チンです
でもこのスポンジがなくても大丈夫
スポンジ培地は次のハイポニカを注文するときにいっしょに注文するとして
それまでは市販のスポンジで代用できます

11263.jpg

私はダイソーで5個105円のスポンジを使っています
他にも代用できるスポンジはたくさんありますが
硬い部分がなくて、スポンジ部分のみのものを準備してください
それから「激落ち」などの硬いスポンジも避けたほうやいいです

ではこれをカットしていきます
私はキッチンバサミを使っていますが何でもうまく切れればOKです

11264.jpg

このスポンジは高さがあるので1切れ分の高さを半分にしました
なので1ブロックから2個分のスポンジ培地が取れました
大きさは2~3cmぐらいを目安にしています(あまり厳密ではありません)

11265.jpg

真ん中に根っこが通る穴を開けます
ラインを引いたあたりにキッチンバサミを突き立てて

11266.jpg

スポンジをつぶしながらはさみを動かしていきます
1回じゃ切れません、何度か小刻みに切っていきます

11267.jpg

そのうちハサミがスポンジを貫通します
ここまでできたらあとは指をいれて穴を広げていきます
バリッとスポンジを切ってしまわないように注意してください

11268.jpg

はい完成、貫通する穴があきました
ちょっと面倒ですが、慣れれば大丈夫です

11269.jpg

売っている培地と比べてもそんなに違いなくできました
小さい苗を支えられればいいので
多少大きさが違ったりしても大丈夫です

112610.jpg

スポンジをどっぷり水に漬けます
十分に水を含ませたらいよいよ種まきです

112611.jpg

今回はヨックモックの空き缶を種まきに使いました
種まきするのはサンチュ、小松菜、30日大根の3種類

112614.jpg

上から大根、小松菜、サンチュです
スポンジの真ん中にタネを並べます
このあとトイレットペーパーを上からかぶせて
スポンジの高さの1/3ぐらいまで水をいれたら種まき終了

112612.jpg

ちなみに私はタネをほんの少しスポンジの中に入れます
ココは好き好きだと思いますが私は本当にすこ~しだけスポンジに入れます

以上で種まきはおしまいです。
もっと詳しく知りたい方はリンクから「いつでもレタス」さんのサイトにいってみてください
1つ1つの野菜ごとに詳しい説明があります
私が水耕栽培にハマるきっかけになったすばらしいサイトです
まだの方はぜひ絵文字名を入力してください

スポンサーサイト

植替えを詳しく説明します

さて先日「種まきの説明」をしたのですが
今回はその次の段階、植替えについて説明しようと思います

今日は水菜の植替えをします
基本は「いつでもレタスさん」と同じです
私はお茶パックに苗とバーミキュライトを入れて栽培しています

1262.jpg
準備するものは苗、お茶パック、バーミキュライトとハイポニカです
苗はスポンジに種まきして、本葉が2枚程度出たら植替えしています

1263.jpg
スポンジの下から根がたくさん出ています
このぐらいになればもう植え替えOKです

1264.jpg
お茶パックです
私は小さくてなるべく紙が薄いお茶パックを使うようにしています
お茶パックの内外をひっくり返します

1265.jpg
ひっくり返して広く口を広げます

1266.jpg
お茶パックの中に苗を入れます
根っこがお茶パックの下にちゃんと入っているか確認してください
根っこが長いと上に飛び出している場合があります

1267.jpg
スポンジが全部隠れるまでバーミキュライトを入れます
今回はバーミキュライトに少し炭を混ぜたので黒っぽい感じになっています

1268.jpg
これで終了です
私はこの後連結ポットにお茶パックごと苗をいれて栽培したり
たんすの仕切り用ケースに入れたりして栽培したりしています

11304.jpg
ケースも連結ポットも底の部分に大きな穴があいています
根っこはお茶パックを突き破ってものすごく長く伸びますので大きく穴をあける必要があります

1269.jpg
これは先日撤収したサンチュです
植替えして2ヶ月も栽培するとこのぐらい根っこだらけのモジャモジャになりますので
底の部分は根っこが出るために大きな穴が必要です
ケースの部分はお菓子のケースを使ったりペットボトルを使ったりいろいろ工夫できますが
とにかく大きな穴だけは忘れずに開けるようにしてください
あとはハイポニカを切らさないように入れればOKです

植木鉢
ハイポニカを入れる量ですが
私はトレーの底から1cmぐらい上までハイポニカを入れるようにしています
夏はすぐ消費してしまうので、底から2cmぐらい朝晩入れるか自動給水するようにしています
あまりハイポニカを入れすぎると根が腐ってしまうので
多すぎず少なすぎず、季節に合わせた量を補給するよう心がけています

以上で植替えの説明はおしまいです
うまく説明できたかな?少しでも参考になったらうれしいですハート



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。